SubWoofer DYNAUDIO PRO BM14S II

Sab Woofer DYNAUDIO PRO BM14S II

[kattene]
{
“image”: “https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/d/dyanaudio_bm14sii.jpg”,
“title”: “DYNAUDIO PRO BM14S II”,
“description”: “DYNAUDIO”,
“sites”: [
{
“color”: “blue”,
“url”: “http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=01001xqc00j6h6&url=https%3A%2F%2Fwww.soundhouse.co.jp%2Fproducts%2Fdetail%2Fitem%2F194475%2F”,
“label”: “SoundHouse”
}
]
}
[/kattene]

xxx

 

DYNAUDIO PRO のスタジオ用サブウーファーだ。
30cmユニットを搭載し18Hzから再生出来るらしいので、この大きさは驚きだ。

超低域の再生能力は18Hzが出せるとのこと。
適応する部屋の大きさは36畳あたりだろう。

Ge3的チューンはやり方が判らないが、実施した場合を想定した。

総合 品位 鬼太鼓座 音の壁感
ノーマル 123.9p 123.7p 123.8p 122.2p
茅蜩・鼓粒 適正後 126.9p 126.6p 123.9p 122.7p
黒アゲハ 適正後 126.9p 126.9p 123.9p 122.9p
超結界機器用をユニットとAMPに装着 127.6p 127.7p 123.9p 123.2p

 


商品の説明

BM14S IIは、300 Wのアンプを搭載し、18 Hz?250 Hzの周波数特性を有します。背面にLFEアウトプットを装備し、複数台のサブウーファーをデイジー・チェインすることが可能。また2.1システムにおけるベース・マネージメント用のハイパス・フィルターも搭載しています。300 mmのウーファー・ユニットと密閉型キャビネット方式を採用したBM14S IIは、超高精細な低域再生を提供します。
BM14S IIはBM6 mkIII/BM12 mkIIIの低域補完に最適なようにデザインされており、中型のミキシング/レコーディング環境に適しています。

■主な特徴
・300 mmウーファー(純アルミ製ボイスコイル)搭載、300 W@4 Ohms
・フェイズ調整機能搭載(0°/180°)
・オートOn/Off
・LFEモード/スレイブ・モード切替
・個別LFE入力、連結用スレーブ出力搭載
・ローパスコーナー周波数調整
・サテライト・スピーカー用ハイパス・フィルター搭載(Flat/60Hz/80Hz)

696

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)