Powered monitor JBL LSR308

Powered studio monitor JBL LSR308

[kattene]
{“image”: “https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/j/jbl_lsr308a.jpg”,
“title”: “JBL LSR308”,
“description”: “JBL LSR308”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://amzn.to/2FSXHLd”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “blue”,
“url”: “http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=01001xqc00j6h6&url=https%3A%2F%2Fwww.soundhouse.co.jp%2Fproducts%2Fdetail%2Fitem%2F191821%2F”,
“label”: “SoundHouse”
}
]
}
[/kattene]

 

JBLの小型のスタジオ用パワードSPである。
高さが43cm程度のコンパクトなSPだ。
こいつの骨頂はパワー感だ。
低域も切れるような高域も期待しない方が良い。
兎にも角にもパワー感だという人には最適だ。
モニターに多い、ちまちました音に飽き飽きした人にお勧めだ。
適応する部屋の大きさは16畳くらい。
大らかなアメリカンな音だが、品が良いのだ。

この製品にGe3的チューンが可能かどうかは判らない。
調べた数値は、出来た場合の仮想的な遊びだ。

総合 品位 低域 中域 高域
ノーマル 120.1p 117.6p 121.8p 121.9p 121.8p
茅蜩・鼓粒  121.4p 119.2p 123.1p 121.9p 122.4p
黒アゲハ  121.7p 119.8p 123.1p 121.9p 122.6p
超結界機器用をユニットとAMPに装着 121.9p 120.1p 123.3p 122.1p 122.8p
大人気のスタジオモニターLSR308。最上位機種と同じ独自のウェーブガイドを搭載し、広大なスィートスポットを提供します。
厳選されたスピーカーユニットと高効率なクラスDアンプのバイアンプ構成により、高音質を実現。
リスニングから音楽制作まであらゆる用途にオススメできるパワード・スタジオモニターです。
LSR308は、新開発の”イメージコントロールウェーブガイド”を搭載し、音像の再現と細部の描写能力をこれまでにないレベルに高めました。
豊かで力強い低域を出力するサブウーファーのLSR310Sも用意しています。
ステレオやサラウンドで音響製作を行う音楽スタジオやポストプロダクションで、製作作品の品質を一段と引き上げることができます。
スタジオモニターの最上位機種”M2″のために開発した”イメージコントロールウェーブガイド”を搭載。
音像の再現に優れ、スピーカーの外側に延びるほどの広いステレオ音場を再生します。
中央の音像はこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。
細部の描写能力も高まり、高密度のミックスの中でも音源の微妙な変化や音場の空気感をエンジニアに伝えます。
リスニングポイントが広いため、スピーカーの軸外でも音質やバランスを正確に決定可能。
ミキシングルームの音響特性やエンジニアのモニター位置に神経質にならずに、創造的な作業に集中できます。
低域ドライバーは、パワー・コンプレッション(実効感度の低下)が少なく、大音量を連続して再生しても音質の変化を最小限に抑えます。低域ポートは、開口の両側にフレアを持つ独自の”スリップストリーム”設計。
乱流を抑え、伸びと深みのある低域を出力します。ネオジム磁石を使用した高域ドライバーはダンピング特性を最適化し、過渡特性と歪率が改善しました。

耳障りな小音量時の歪みが低減したため聞き疲れが少なく、長時間の製作作業も快適に行えます。設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニター性能を発揮するため、独自のLSR(Linear Spatial Reference)設計を採用。

スピーカーの周囲360度にわたり、直接音、反射音、残響音場に関する72もの測定を行い、出力性能を最適化しています。

LSR308は8インチの低域ドライバーを搭載しています。4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブクロスオーバーと高効率のクラスDパワーアンプを組み合わせたバイアンプ構成。余裕ある出力パワーで各ドライバーを駆動します。

高域(4.4kHz)と低域(115Hz)のそれぞれにレベルを±2dB変更するTRIMスイッチを搭載し、設置環境や音源に応じて周波数特性を微調整できます。

電子バランスの入力は感度を+4dBuと-10dBVで切り替えでき、XLRと標準フォーンジャック(3P)の入力端子を利用できます。

各ドライバーには防磁対策を施し、周囲の機材への影響を抑えています。

■仕様
形式: 2-Way バイアンプ
周波数レンジ(-10dB): 37Hz ~ 24kHz
最大音圧レベル(1m): 112dB SPL
ドライバー構成: LF: 200mm、HF: 25mm
クロスオーバー周波数: 1,800Hz
パワーアンプ出力: LF: 56W、HF: 56W
入力端子・形式: XLR × 1、標準フォーン(3P) × 1、電子バランス
入力感度(-10dBV、1m): 92dB SPL
最大入力レベル(+4dBu): +23dBu
電源: AC100V、50/60Hz
消費電力(1/8 出力時、ピンクノイズ): 20W
寸法(W × H × D): 257 × 423 × 300mm
質量: 8.8kg
付属品: 電源ケーブル、ゴム足× 4(1 シート)
※1本での販売となります。

733

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)