TAD-M1000

最近、低音の密度感と云うのに気が付いてから、そのGe3値を総合Ge3として調べ直している。
その中で最初に引っ掛かって来たAMPがコレだ。
2018年09月に発売されたDクラスのAMPなので、最新もAMPでは無いが、
総合Ge3値は124.6p、低音の密度感は123.9pだ。

Pioneerのサイト

TAD-M1000」 135万円

EvolutionシリーズのクラスDステレオ・パワーアンプ

【SPEC】

●定格出力:500W(4Ω、2ch駆動時)
●周波数特性:5Hz~50kHz
●消費電力:250W(待機時0.5W)
●外形寸法:440W×148H×479Dmm
●質量:29kg

1,442

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)