充電電池の寿命について

我が家のストックする電池は単3と単4だけに絞って来た。
そして充電式の電池をよく使う。
1年以上長持ちするリモコンなどにはアルカリ電池を使う様にしている。

そんな使い方で4年程だが、今回紹介するELBの電池だけが生き残ったので、
それを報告する。

元々はSO◯YやA◯ple、A◯azonの電池も使っていた。
混ぜては使わないように注意していたが、使い方は同じだ。

充電が出来無くなると捨てると言う淘汰の結果、
生き残ったのは、殆どELB製の充電式になった訳だ。

充電が出来なくなった理由はよく分からない。
まぁ、メーカが言う300回とか1200回と云う寿命は無いと思って良い。
車の燃費と同じで、悪気は無いのだろうが、話半分なのだ。 ^^;

充電式電池の寿命のGe3値を調べていて見付けたのがELBだ。
当時(2019年頃)容量が大きな電池としての認識しか無かったが、
寿命も長そうなので買ってみただけだ。
使い始めると、容量の大きさは速攻で体感出来たが、寿命はそういう訳には・・・
で、2年以上使ってみた結果の報告となった訳だ。

ELBの電池の寿命は長そうだが、充電器の相性もあると思う。
何故なら充電器のGe3値の差はカナリ大きいからだ。
僕は「パナソニック BQ-CC08(現在は廃番) 」と云う製品を使っている。
パナソニック全般に電池のGe3値は高いが、充電器も高い。
SANYOからの伝統なのかも知れないが、
値段が高いので僕はまだ試していない。

充電器は高速充電と普通のタイプがあるが、
高速充電タイプがお勧めだ。
高速充電は充電式電池にとっての負担が大きく、
そのプロセスが寿命が大きく関係する様だ。
意外と管理が難しい訳だ。

充電器は国産を選びたい。
人にも電池にも優しいと思う。
同じメーカーなので良いだろうとは思わない事だ。

 

643

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)