SubWoofer ADAM Audio SUB12

ADAM Audio   SUB12

 

[kattene]
{“image”: “https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/a/aa_sub12a.jpg”,
“title”: “ADAM Audio SUB12”,
“description”: “ADAM”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://amzn.to/2TQZh47”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “blue”,
“url”: “http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=01001xqc00j6h6&url=https%3A%2F%2Fwww.soundhouse.co.jp%2Fproducts%2Fdetail%2Fitem%2F247470%2F”,
“label”: “SoundHouse”
}
]
}
[/kattene]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADAM AUDIOの30cmユニットを使ったパワードのサブウーファーである。
大きさを考えると極めて正確で高性能である。

超低域の再生能力は、20Hzは出るが18Hzは無理と云うところだ。
適応する部屋の大きさは28畳くらいだ。
意外と2台使いが有効なのかもしれないw

この製品にGe3的チューンが可能かどうかは判らない。
調べた数値は、出来た場合の仮想的な遊びだ。

総合 品位 鬼太鼓座 音の壁感
ノーマル 123.6p 123.4 121.8p 121.3p
茅蜩・鼓粒  126.3p 126.9 123.8p 121.9p
黒アゲハ  126.9p 126.9 123.9p 121.9p
超結界機器用をユニットとAMPに装着 126.9p 126.9p 123.9p 121.9p
2台使った時 126.9p 126.9p 127.8p 127.7p

 

メーカーの商品の説明

Sub12

パワフルな再生能力を持つSub10 Mk2とSub12は、あらゆるニア/ミッドフィールドモニタリングシステムの低域再生能力を それぞれ25Hz(Sub10)および22Hz(Sub12)まで伸ばすことができます。 

コーンのエクスカーションが長くヘビーデューティーなボイスコイルを持つ頑丈なウーファーには、バスレフキャビネットを利用して 正確な低域再生を実現するために最適なチューニングが施されています。また、適切なサイズ/形状のダウンファイヤー 型バスレフポートにより、余計なポートノイズが起きることを回避しています。搭載されているPWMアンプは90%以上の高効率 を誇り、長時間のクリティカルなセッションでもオーバーヒートすることなく使用ができます。デイジーチェイン接続のために出力 端子が設けられており、必要な台数のサブウーファーを数珠つなぎに接続することが可能です。 

両機種ともに非常に低い低域カットオフ周波数(Sub10:-3dB@25Hz および Sub12:-3dB@22Hz)とひずみのない高出力 音圧(Sub10:113dB@1m および Sub12:115dB@1m)を高い精度で融合させています。 

製品仕様

ウーファー口径 310 mm (12 inches)
最低共振周波数 22 Hz
ボイスコイル直径 50 mm (2 inches)
ウーファー素材 ペーパー(コーティングタイプ)
アンプパワー RMS / ミュージック 200 W / 300 W
周波数特性 (± 3 dB) 22 Hz ~ 150 Hz
THD > 60 Hz ≦ 1 %
最大 SPL 1m ≧ 115 dB
クロスオーバー周波数 50 Hz – 150 Hz
入力コネクター XLR / RCA
入力インピーダンス 10 kΩ
重量 26 kg
防磁仕様 非防磁型
寸法 600 mm (高) x360 mm (幅) x450 mm (奥行)

591

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)