ADAM AUDIO T5V パワードSP

これからのオーディオ再生では、
ゲゲゲ的には「ウブ毛」の有無が非常に重要だす。

個人的には、「ウブ毛」が出ない装置には、ほとんど興味がありません。
周波数やパワーなどのスペックなどもの重要ですが「それなり」と思う方が良いですね。

つまり「ウブ毛」一筋ですw

その点「ウブ毛」が出ないサブウーファーも、関心がありません

SPがアクティブ式かどうかも関係ありません。
「ウブ毛」が出るのであればOKです。
アクティブ式が簡単で便利なのは、正解です。

 


最近、特に気になるメーカーがADAM AUDIOです。
全てが倶楽部員ではありませんが、倶楽部員の打率が非常に高いです。

特に注目しているSPがコレです。

ADAM AUDIO T5V パワードSP

シッカリした筐体に小さめのウーファー、U-ARTユニットのアクティブ式のSPです。
特徴はU-ARTユニットにあり、ハイルドライバー形式とも呼ばれるこのツイーターは、
振動板の面積が大きく出来るコトがポイントです。
つまり最近Ge3で唱え始めた「面として波動」が放射される訳です。
ゲゲゲ的に「ウブ毛」ボサボサなを期待するのです。

コレを片ch3台積みあげたシステムを妄想するのですw(爆)

総合 ウブ毛 耐久性 筐体強度
122.9p 123.6p 123.5p 122.9p

■周波数特性:45Hz – 25kHz
■アンプ出力:LF50W/HF20W(RMS)
■ウーハー:127mm / 5inch、ポリプリピレン
■ドライバー:U-ART
■最大出力音圧レベル:≧106dB
■入力端子:XLR, RCA
■寸法:298 x 179 x 297mm(HxWxD)
■重量:5.7kg


 

436

2 thoughts on “ADAM AUDIO T5V パワードSP

  1. JBL 305P Mk2の方が良さげに思いますが、如何でしょうか?
    また私は2段積みを検討していますが、SPの間の処理(滑り落ち防止)に悩んでいます。

  2. >JBL 305P Mk2の方が良さげに思いますが、如何でしょうか?
     また私は2段積みを検討していますが、SPの間の処理(滑り落ち防止)に悩んでいます。

    倶楽部員として評価するのは、あくまでゲゲゲ的なGe3値のみです。
    評価が全ての人に当て嵌まる訳ではありません。
    好き嫌いは、千差万別で、好きなら、ソレはソレでOKです。

    調べてみましたが「JBL 305P Mk2」は118.3pです。
    残念ながら倶楽部員ではありませんね。

    最近、Ge3がコダワってる「音のウブ毛」や「面として伝わる云々」などが弱そうです。
    でも、何処が「倶楽部員と違うのか?」って意味で面白いので詳しく調べてみます。
    しばらくお待ちを・・・

    出来ました。
    蛙鳴蝉噪に作りました。
    ココです。
    https://ge3.jp/blog/ameisenso/21344?preview_id=21344&preview_nonce=b3c70c5b7e&post_format=standard&_thumbnail_id=-1&preview=true

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)