カップが美味しさと関係している???

ワイングラスに「美味さのGe3値」と言うのを見つけてから、
ビール用として買って喜んでた「シメイのグラス」の出番が無くなってしまった。^^;

85pのグラス

124pのワイングラス

ワインだけでなくビールもこのグラスで飲むと、抜群に美味いのだ。
日本酒も焼酎も梅酒もとにかく美味い。

我が家ではこのグラスのお陰か、お酒の量が確実に減った。
ヱビスやモルツなどを飲むと、飲む量が少なくなるコトと似ている気がする。
少しで、満足してしまうのだ。
馬鹿食いや馬鹿飲み防止に効果アリと思う。

でも、ワインの量は、あまり変わらないのは、どうして・・・


TOPの写真は我が家で日常的に使っているコーヒーカップです。

「このカップにも同じような意味のGe3値があるのかな?」 と、
何気に調べてみると・・・
あった
まぁ、当然ですw

どうやら普段使いの道具達にも、
全ての道具は美味しさに関係しているようです。

美味しさのGe3値には健康のGe3値も含まれているので、
体調管理の意味で、食事に注意が必要な人達に取っては、
重要な情報だと思う。

ちなみに左のカップは某有名店で買った物で、
右のはフランク・ロイド・ライト が帝国ホテル用にデザイしたモノだ。
明治村で買ったような気がする。

飲み比べると、その結果は残酷な程だ。

このGe3値の違いは、カップの値段とは、無関係みたいで余計に難しい。

折角、手間隙を掛けてコーヒーを入れるコトを楽しむのだったら、
カップもGe3値の高いモノで飲んだ方が得ですよ。

時間と労力、コーヒー自身が勿体無いです。

 

566

2 thoughts on “カップが美味しさと関係している???

  1. コーヒーカップを入手して試飲しました・・・・・

    本当に珈琲が「歴然と」美味しくなりました。

    正直、狸に化かされているような気分ですが、これが「倶楽部員ということ」で納得です・・・

    過去、何度も倶楽部員グッズに「感激」させられた体験を、私は既に経験してきたので。

  2. 騙されたみたいでしょう。
    カップで変わるのですね。
    他にも無いかと探してみたのですが、中々無いのですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)