Powered monitor ADAM AUDIO A3X

ADAM AUDIO A3X

 

 

ADAM AUDIOの一番小さなモニターだ

ADAM AUDIOの特徴はツイーターにハイルドライバーを使っている事だろう。
多くのSPがドーム型を使っている現状でハイルドライバーにこだわっている訳だ。
なので、ハイルドライバーの利点を改めて考えてみた。

探索で出た数値だ。

ハイルドライバー  ドーム型
過度応答特性 → 振動板の質量 軽い 122.7p  91.4p
エネルギー感 振動板の面積 大きい 127.9p  58.3p

そらそうだろうと思った。

ドーム型は、全体を動かして音が出る仕組みなので、全体の質量がポイントになる。
その為、材質が鍵となり、新素材の開発競争になりがちとなる。

ハイルドライバーは複数のひだが広がったり、狭まったりして音になる仕組みだ。

エネルギー感は振動板の面積に関係するので、広い方が有利だが、
折りたたんで面積を稼ぎやすいハイルドライバーは有利という事になる。

昔からハイルドライバーのファンは多かったが、この事がその理由なのだろう。


適応する部屋の大きさは18畳くらい。

この製品にGe3的チューンが可能かどうかは判らない。
調べた数値は、出来た場合の仮想的な遊びだ。

総合 品位 鬼太鼓座 ロック クラシック ボーカル ギター ピアノ
ノーマル 120.9p 122.2p 119.3p 119.9p 119.6p 117.3p 120.5p 119.2p
茅蜩・鼓粒  122.3p 123.3p 119.9p 119.9p 122.3p 118.8p 120.9p 120.6p
黒アゲハ  123.2p 123.9p 120.5p 119.9p 124.1p 118.6p 122.3p 120.9p
「超結界P」を装着 126.1p 123.9p 121.3p 119.9p 125.6p 119.9p 122.9p 122.6p

 

メーカーの情報

ADAMが今まで開発した中でも最も小さなボディを持つモニタースピーカー
■周波数特性:60Hz ~ 50kHz
■アンプ出力:ウーファー 25W/40W peak 
ツイーター 25W/40W peak
■最大出力音圧レベル:≧106dB
■入力端子:XLR/RCA
■寸法:252mm(高) x150mm(幅)x185mm(奥行)
■重量:4.6kg
■備考:■ウーファー 
口径 120mm (4.5 inches) 
ボイスコイル直径 25mm (1 inch) 
素材 カーボンファイバー ■X-ARTツイーター 
1 振動板面積 24.2cm2 
同等ダイアフラム直径 5.6cm 
速度変換効率 4:1 
振動板重量 0.17g ■内蔵アンプ 
ウーファー 25W/40W peak 
ツイーター 25W/40W peak ■コントロールパネル 
ボリューム +14dB/-∞ 
ルームEQ < 160Hz ±6dB 
ルームEQ > 6kHz ±6dB 
ツイーターレベル調整幅 ±4dB ■一般的データ 
周波数特性 60Hz ~ 50kHz 
THD 90dB/1m > 100Hz ≦0.8% 
短時間サイン波出力
(1m/100Hz ~ 3kHz) ≧98dB 
最大ミュージック出力(ペア) ≧106dB 
クロスオーバー周波数 2,800Hz 
入力コネクター XLR/RCA 
入力インピーダンス 10kΩ 
重量 4.6kg 
キャビネットの防磁仕様 なし 
寸法 252mm(高) x150mm(幅)x185mm(奥行) A3Xの小さなボディには、X-ARTツイーターが搭載され、世界中で称賛された、透明感に溢れる音楽再生が保証されています。
低域の再生は4.5インチのドライバーユニットが担います。ダイアフラムは超軽量かつ優れた剛性を持つカーボンファイバー製で、色付けのない音が特徴です。25Wのパワーアンプが2機搭載され、各ドライバーをダイレクトに駆動します。
457

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)